家族で引っ越し 業者比較

初めての引越し

今年2月始めに引越しをしました。
私は主人と二人暮らしで、引越し代金を私が支払うことになったので、少しでも節約をしようと思い、「荷造りを、引越し会社ではなく自分たちでする」というパックにしました。
ところが、その荷造りが思いのほか大変だったのです。
引越し会社が持ってきてくれた段ボール箱を組み立て、物を中に入れ、誰のものかということと入っているもの、どこに運び込むのかを段ボール箱に書き込む。
引越しの2ヶ月前から荷造りを始めたので、早くに荷造りをしたのもの、例えばBlu-ray Discなどは見られないし、他にも、裁縫箱も荷造りしてしまったので主人のボタンの取れたのも付けられなく、仕方なく、洋服のお直しのお店に持って行ってお金をかけてボタンを付けてもらったりしました。自分でやればすぐにできるしお金もかからないのに・・・と思いましたが、言うなれば非常時ですから止むを得ず、という感じでした。

 

家の中がだんだん段ボール箱で埋まっていき、ついに引っ越しの日。引越し会社のトラックがやってきて、係の人がテキパキと荷物を運んでいき、部屋の中はがらんとした状態になりました。その後、訪問してきた不動産会社の人との打ち合わせも済み、主人と二人で、私は8年間、主人は15年間暮らしたところを後にしたのです。

 

そして、そのまま新居へ向かいました。どんどん運ばれてきた段ボール箱を、今度は開ける作業です。空いた段ボール箱はガムテープを剥がした上で引越し会社が引き取ってくれましたが、大量にある段ボール箱を玄関ドアーの前に運ぶのも一苦労でした。みんな、今となっては生活の中の一つの思い出ですが。

 


出典:引っ越し激安〜私はこんな方法で値引きしました〜

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ